増進堂・受験研究社

お知らせ

最新記事

試験会場に"あいまい語句"を持ち込まない。社会3600語・理科2700語、教科書から難関校入試レベルまで重要用語を総まとめ。極める用語集『中学 詳説用語&資料集』がリニューアル!

「クラウドファンディング」「フィンテック」など、保護者もニュースで耳にするあの最新用語も収録!中学3年間の知識源を凝縮した用語&資料集です。

中学の社会・理科を極めるならコレ!カラーの図・写真や関連語句と意味づけして、説明できる深い知識に
●社会3600語・理科2700語の用語数。基礎~発展レベルまで中学3年間を完全網羅
●持ち運べる単語帳サイズ。スキマ時間の積み重ねで確かな手ごたえ
●ただの用語&資料集ではない仕掛け。消えるフィルターを使えば一問一答集に早変わり

増進堂・受験研究社は、中学3年間・教科書から難関校入試レベルまで、社会3600語・理科2700語の重要用語を収録した『中学 詳説用語&資料集』(社会/理科)を2022年1月17日より発売いたします。

PR1222_main01.png

PR1222_01.png

●カラーの図解・表解と簡潔な解説でよくわかる!
図や表、写真を多用して用語を解説。消えるフィルターで特に重要な語句を覚えられたか何度もチェックできます。

●万全の用語数
中学社会・理科の必須となる基礎レベル~追加して知っておきたい発展レベルの用語まで完全網羅。
社会は約3,600語、理科は約2,700語を収録し、中学3年間使えます。

●用語の重要度がひと目でわかる
用語の重要度(A・B・Cで、Aが最重要)をランク別に表示。日常学習から高校受験まで用途に合わせて効率よく学習できます。
PR1222_03.png


●充実の資料
・社会 ... 最新の統計資料・歴史年表・人物一覧など役立つ資料が満載。
・理科 ... よく出る実験・観察の図解、その他重要な資料を掲載。

PR1222_02.png

PR1222_04.png


教科書・参考書で気になった用語を本書で調べて、社会の地理・歴史・公民、理科の生物・地学・化学・物理の各分野の知識をより深いレベルで定着していくことを助けます。
参考書『中学 自由自在』の社会・理科との相性もよく、セット学習で効果を高めます。

※紙⾯のイメージは、配⾊など実際の商品と異なる場合がございます。

■書籍概要
中学 詳説用語&資料集
社会
判型:B6判 416ページ
発売予定日:2022年1月17日
定価:1,320円(税込)

理科
判型:B6判 352ページ
発売予定日:2022年1月17日
定価:1,265円(税込)

■参考書『中学 自由自在』の詳細はこちら
中学 自由自在 社会
https://www.zoshindo.co.jp/junior/301/9784424636298.html

中学 自由自在 理科
https://www.zoshindo.co.jp/junior/301/9784424636311.html

2021.12.22

冬季休業期間のお知らせ

いつも弊社教材をお買い上げ、ご使用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記期間を冬季休業とさせていただきます。

冬季休業期間
2021年12月29日(水)~ 2022年1月4日(火)

冬季休業期間中のお問い合わせにつきましては、
ホームページ右上部にございます【お問い合わせ】ボタンより専用フォームにてお送りいただくか、
1月5日以降に改めてご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。

専用フォームにて頂戴いたしましたお問い合わせにつきましては、
営業開始後に順次ご返信差し上げます。

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2021.12.20

クリスマスや新年のプレゼントにも。この一冊で2,500語のことばの達人に!クスっと 笑う四コマ漫画と、小学生目線の活用例で思わず使ってみたくなる。『小学 ことわざ・ 四字熟語新辞典』がリニューアル!

辞書引き学習の開発者 深谷圭助先生監修。小学生「ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語」をこの一冊で。

「いつのまにこんな言葉まで!」先生や保護者が驚く場面も出てきそう。知的好奇心をくすぐる辞典
●すべてのページに四コマ漫画。言葉と触れ合う入口を楽しく構成
●やさしい言葉で意味を説明。小学生に身近な用例で使う場面がイメージしやすい
●ことばの成り立ちや外国のことわざのお話も。深く学べるコラムも充実

増進堂・受験研究社は、楽しい四コマ漫画を取り入れ、小学生の日常生活に身近な用例や、外国のことわざの話など好奇心をくすぐるコラムを織り交ぜた「ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語」約2,500語を収録する『小学 ことわざ・四字熟語新辞典』を2021年12月10日より発売いたします。

PR1130_main.jpg


●辞書引き学習の開発者 深谷圭助先生が監修
ー 子どもは、「新しい言葉」を知ると、どこかで使ってみたくなる ー
PR1130_hp01.png

(「はじめに」より冒頭一部を抜粋)
子どもは、「新しい言葉」を知ると、どこかで使ってみたくなるようです。「新しい言葉」を覚えて、それを使うことで、言葉がどんどん身に付いていくのです。子どもは、言葉を身に付けることで知的に成長していきます。そんな言葉の成長を日々感じることができればと、いつも私は願っています。特に、幼児期(3〜5歳)から学童期(6~12歳)にかけて、子どもは、獲得した言葉を大幅に増やしていきます。豊かな語彙を身に付けるようになります。これらの語彙を身に付けるためには、さまざまな場面でそれらを使ってみようとすることがとても大切です。


●身近に使えることばの辞典
PR1130_hp02.png
小学1年~中学入試までを対象
に、ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語などを2500程度収録しています。
それぞれの項目には、意味と用例を掲載し、類似や対照のことば、参考となる知識やことばの由来となる故事をつけ加えました。

数ページごとに学習の意欲を刺激するクイズやパズル、ことばに関する知識をまとめた8つのコラムを設けていますので、楽しみながら学習を進められます。各ページの上段には、収録したことばを使ったマンガを掲載し、ビジュアルも楽しい紙面としました。また小学1年生から使えるように、漢字にふりがなを付けています。

巻末にはキーワードで分類した索引も掲載しています。
PR1130_hp04.png


●中学入試にも対応
中学入試によく出ることばをランキング形式で巻末にまとめました。入試直前に最後の確認をすることができます。
PR1130_hp03.png

※紙⾯のイメージは、配⾊など実際の商品と異なる場合がございます。

------
■書籍概要
小学 ことわざ・四字熟語新辞典
判型:A5判 416ページ
発売予定日:2021年12月10日
定価:2,200円(税込)

■書籍情報の詳細はこちら
https://www.zoshindo.co.jp/elementary/242/9784424626749.html



2021.11.30

【受験研究社・YAC共催】専門家に学ぶ!『宇宙の謎を解き明かせ!NASA ジェームズウェッブ望遠鏡!』(無料オンラインセミナー)

いよいよ、ハッブル宇宙望遠鏡の後継機『ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡』の打上げが迫ってきました。打上げに先駆け、オンライン講座を開設します!

■日時:2021年12月18日(土)14時〜15時30分 (90分予定)
■会場:オンライン ※ZoomウェビナーかYouTubeLIVEでご参加ください。
■対象者:未就学児〜大人まで 
 ※講義内容は小学生低学年から高校生レベルの内容になっております。
 ※回線確保のため、1家族=1チケット・1アクセスでお願いします。

■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをPeatixにてお申込みください。申込締切は12月17日(金)23時59分
 (1)Zoomウェビナー(クイズや質問チャットに参加可能)・・・定員500名
 (2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員500名

■お申込み・詳細はPeatixへ → https://yac-zj20211218.peatix.com

増進堂・受験研究社は、好奇心の育成と家庭学習の充実を目的に、ご家庭向けのオンラインセミナーを定期的に実施しております。
この度は、日本宇宙少年団(YAC)との共催オンラインイベントの第二弾として、専門家による新型望遠鏡について学ぶオンライン講演を開催します。
1124PR_main.jpg

ジェームズウェッブ望遠鏡によって、新たな宇宙探索時代が到来する期待が高まりますね。
今までの望遠鏡と何がちがうのでしょうか?
驚くべき設置場所とそれを可能にした技術とは?
どんなデータが取得できそうなの?
そんな疑問にも専門家がズバリと答えてくれるかも!?
まさに世界最先端のテクノロジーに触れる90分。ご家族でお楽しみください。
ゲストにはNASAの方やジェームズウェッブ望遠鏡を制作した会社の方も!専門家の解説でその「凄さ」に迫ります。

■日時:2021年12月18日(土)14時〜15時30分 (90分予定)
■会場:オンライン ※ZoomウェビナーかYouTubeLIVEでご参加ください。
■対象者:未就学児〜大人まで
※講義内容は小学生低学年から高校生レベルの内容になっております。一部英語でのスピーチがありますが日本語翻訳予定です。
※回線確保のため、1家族=1チケット・1アクセスでお願いします。

■チケット
:以下のうち、どちらか一方のみをPeatixにてお申込みください。
 申込締切は12月17日(金)23時59分
(1)Zoomウェビナー(クイズや質問チャットに参加可能)・・・定員500名
(2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員500名

■お申込み・詳細はPeatixへ
https://yac-zj20211218.peatix.com
■入室についての注意事項
・入室のURLは、お申込みの皆様に当日12月18日10時頃を目処にPeatix経由でお知らせします。
・万が一、当日12時までに案内が届いていない場合にはPeatix経由でお問合せください。
・ZoomやYouTubeの操作に関するお問合せには対応致しかねます。予めご了承ください。
・入室後のセミナーの「録音」「録画」「スクリーンショット」についてはご遠慮ください。


【出演】
司会:小定弘和 YAC事務局
ファシリテーター:上垣内茂樹 YAC理事 JAXA客員 JAXA社友
講師:柳川孝二 YAC相談役 JAXA社友 Koshoya2020代表
講師:馬場俊介 鹿児島大学プロジェクト研究員
ゲスト:ガーヴィー・マッキントッシュ NASAアジア代表部代表
ゲスト:コルベン・サイム Northrop Grumman Japan

【登壇者紹介】
・上垣内 茂樹(かみがいち しげき) 公益財団法人日本宇宙少年団 理事 JAXA客員、JAXA社友
1124PR_01.jpg

1957年、広島県生まれ、東京大学大学院機械工学専攻修士課程修了。
1982年、宇宙開発事業団(現在のJAXA)入社。3年間ほど、ロケットエンジンや人工衛星の姿勢制御装置の開発等を担当。
その後、日本初のスペースシャトルの宇宙飛行士となる毛利、向井、土井宇宙飛行士の訓練、宇宙実験実施の際の地上実験管制所での管制官を務めた。その後、日米欧露加の15カ国が参加している国際宇宙ステーションを利用した実験を取りまとめる「きぼう利用センター長」、そして広報部長等を経て、2016年4月より、宇宙飛行士・運用管制ユニット長に就き、宇宙飛行士、および、その訓練、健康管理、また、宇宙医学研究、地上運用管制の取りまとめを行った。
2009年の宇宙飛行士選抜では審査委員を務めた。
2019年にJAXAを退職、現職につく。


・柳川 孝二(やながわ こうじ)JAXA社友  Koshoya2020代表(個人事業)
1124PR_02.jpg

1951年東京生れ。1977年早稲田大学物理学修士課程修了後、宇宙開発事業団(現JAXA)入社。
ロケットエンジン開発、国際宇宙ステーションの利用、宇宙実験、NASAジョンソン宇宙センター駐在、有人宇宙技術開発、宇宙飛行士の訓練や搭乗調整を担当。2008年宇宙飛行士選抜を担当。その後、情報システムと広報を兼務。2017年JAXA社友、Koshoya2020代表。

著書:
『なぜ、人は宇宙をめざすのか』(共著、誠文堂新光社)
『宇宙飛行士という仕事』(中央公論新社)
『宇宙飛行士に聞いてみた!』(監修、日本文芸社)
『Space Shuttle 写真集』(監修、玄光社)

ブログ: http://koshoya2020.livedoor.blog/


・馬場 俊介(ばば しゅんすけ)鹿児島大学プロジェクト研究員
1124PR_03.jpg

1990年愛知県生まれ、東京大学大学院物理学専攻博士課程修了 。
日本学術振興会特別研究員PDとして宇宙科学研究所、国立天文台 に在勤したのち、2021年10月より現職。
高光度赤外線銀河内の活動に興味を持ち、主に赤外線・サブミリ波による観測的研究を進めている。
大学院在籍時は日本の天文衛星「あかり」を用いた研究を行い、その観測データの品質向上化にも携わった。
JWSTでは、分光観測を通して高光度赤外線銀河の星形成環境を探ることを目指している。

・ガーヴィー・マッキントッシュ NASAアジア代表部代表
1124PR_04gm.jpg

・コルベン・サイム Northrop Grumman Japan  
1124PR_05cs.jpg


【日本宇宙少年団(YAC)について】
日本宇宙少年団では、宇宙や人類といったグローバルな視点を持ち、他人への思いやりの心をもった多くの仲間が、夢や希望を実現するために様々な活動をしています。日本宇宙少年団とJAXAは「宇宙教育の推進に関する確認書」に基づき、連携協力をしながら全国での宇宙教育活動を推進しています。現在、約2,500名の団員が登録しており、年齢・性別問わず、どなたでも団員になれます。
http://www.yac-j.com/

2021.11.24

大阪経済大学とのコラボによるPBL型インターンシップの活動が紹介されました。

大阪経済大学とのコラボレーションにより、本年2021年8月上旬~9月中旬まで推進してまいりました
PBL(Project Based Learning/課題解決型学習)型のインターンシッププログラムについて、
大阪経済大学にて活動内容が紹介されました。

増進堂・受験研究社が実際に事業分野として取り組むAI・VRの教育サービスをテーマに、
学生によるビジネスプランの提案活動に協力いたしました。

紹介ページはこちら:https://www.osaka-ue.ac.jp/information/news/detail-6542.html

P
BL型インターンシップの概要はこちら:https://www.zoshindo.co.jp/information/2021/08/#news3009



2021.11.19

現小3・4保護者向けオンラインセミナー『塾で伸びる子・家庭で伸びる子』を12月11日に開催(無料)

中学受験をさせるべき?高校受験にしたほうがいい?そんな相談をしてみませんか?

◆日時:2021年12月11日(土)10:30〜11:30 ※状況によって、「放課後タイム」として延長あり
◆講師:岡田健志
    株式会社 増進堂・受験研究社 NEXT LEARNING Labs. 主任研究員/NPO法人 英語運用能力評価協会アドバイザー
◆会場:オンライン ※今回はYouTubeLIVEのみとなります。
◆申込:Peatixにて受け付けます →  https://20211211okada.peatix.com
◆費用:無料

増進堂・受験研究社は、家庭学習の充実を目的に、ご家庭向けのオンラインセミナーを定期的に実施しております。
この度は、現小学3・4年生の保護者の方を対象としたオンライン教育セミナーを行います。
講師は、元・塾講師で多数の進路指導/学習指導を行なってきた弊社研究員の岡田が務めます。
セミナー申込時に事前に質問を募り、回答も行います。

PR_1111_main01.png

【セミナー概要】
「周囲は中学受験組/高校受験組に分かれてくる時期。我が子にはどっちが合うの?」

悩みはなかなか尽きませんよね?
ご家庭の方針や地域の教育事情、何よりもお子様の個性はさまざまです。
子育てや教育に唯一の正解はありませんが、それでも羅針盤は欲しいもの。

この度は、受験研究社の社内研究所・主任研究員の岡田が皆さまの疑問にお答えします。

某有名私塾で長年中学受験・高校受験指導にあたり、教育制度改革についても研究を行ってきた立場から、どんな子が塾で伸びるのか、家庭学習で身につけたい力などをお話しします。

また、事前にいただく質問にもできる限りセミナー内で回答します。
中学受験をするべきか悩んでいる方。塾をどのように活用すべきか心構えを持ちたい方。
高校受験を考えているけれども家庭でどのような取り組みをするべきか知りたい方。
ぜひ、ご参加ください。

◆日時:2021年12月11日(土)10:30〜11:30 ※状況によって、「放課後タイム」として延長あり
◆講師:岡田健志
    株式会社 増進堂・受験研究社 NEXT LEARNING Labs. 主任研究員/NPO法人 英語運用能力評価協会アドバイザー
◆会場:オンライン ※今回はYouTubeLIVEのみとなります。
◆申込:Peatixにて受け付けます →  https://20211211okada.peatix.com
◆質問:Peatixにて申込時の事前アンケートで質問を承ります。
※質問はピックアップいたしますので、全ての質問にお答えできるわけではございません。
◆入室についての注意事項
・入室は、Peatixのチケットボタンからご入室ください。もしくは、前日18時までにURLを記載したメールをPeatix経由で送信します。
・入室後の「録音」「録画」「スクリーンショット」についてはご遠慮ください。

【講師紹介】
岡田健志(おかだたけし):兵庫県出身
大阪大学大学院博士課程まで言語哲学・科学哲学を研究。
全国に展開する有名私塾にて、教室長・コース長を務め、150回以上の保護者向けセミナーを実施。
社内研究所にて、教育心理学・テスト理論を研究。全国模試の設計や全国の保護者向けセミナー原稿ライターを務める。
大手通信会社のMOOC(大規模オンライン公開講座)設立に係る。多数のeラーニングコンテンツ・講座設計に携わる。
現在、増進堂・受験研究社にてAIやVRなどの最新技術を教育現場に転用する研究開発を担当。
複数の大学・企業と共同研究を推進している。
学校教員向けの研修講師、NPO法人のセミナー講師なども務めている。

2021.11.11

教員向け公開模擬授業『CLILオンラインデモレッスン:主体的対話的で深い学びを聖書の視点から実現する授業』を開催

横浜女学院中学校高等学校の白井先生・柴田先生による「聖書CLIL」オンライン模擬授業の体験会です。

【日時】2021年11月20日(土)15:00〜16:30
    ※進行によって16:30〜「放課後タイム」(任意参加)あり
【開催方法】オンライン(Zoomミーティングを使用)
【対象】英語教育・聖書教育に関わる学校関係者
    ※教員用ワークショップのため、教員以外の方のお申し込みはご遠慮ください。
【定員】60名
【講師】白井龍馬 先生(横浜女学院中学校高等学校) 柴田主悦 先生(横浜女学院中学校高等学校)
【申込】Peatixにて受付けております → https://bible-clil20211120.peatix.com

増進堂・受験研究社は、教育現場での教材活用支援の一環として定期的に教員向けのセミナーやワークショップを行なっております。
この度は、この数年、弊社が教材開発に注力しているCLIL(内容言語統合型学習)をテーマにした教員向け公開模擬授業を行います。CEFRが欧州の複言語・複文化主義を背景に成立していることはよく知られています。そしてその複言語・複文化主義にマッチしている教育手法がCLILです。特に今回は「聖書」の内容を使いながら行う英語授業を皆様に体験いただきます。4技能をバランスよく活用しながら「生き方」について考えることで、英語力を伸ばしながら「主体的対話的で深い学び」を実現する授業の一例を展開します。
模擬授業後には、授業の方法や内容の選定、聖書内容の扱い方や評価方法などについて、ご参加の皆様と一緒に話し合えればと思います。

PR_1028_main01.png

セミナー概要
【日時】2021年11月20日(土)15:00〜16:30
    ※進行によって16:30〜「放課後タイム」(任意参加)あり
【開催方法】オンライン(Zoomミーティングを使用)
【対象】英語教育・聖書教育に関わる学校関係者
    ※教員用ワークショップのため、教員以外の方のお申し込みはご遠慮ください。[弊社からのご招待は除きます。]
【定員】60名
【講師】白井龍馬 先生(横浜女学院中学校高等学校) 柴田主悦 先生(横浜女学院中学校高等学校)

【内容】
(1)平易な英語で書かれた聖書を読んでみる
(2)(1)をきっかけにして、生き方に関係するいくつかの問いについて考えてみる
(3)(2)の意見を英語で互いに述べてみて、考えを深める
(4)英語の説教を聞いてみて、聖書の価値観に触れてみる
(5)各自で感想をまとめる(ブレイクアウトルームで参加者同士で議論します)

【参加条件】特になし。聖書の知識がなくとも大丈夫です。お気軽にご参加ください。
授業を受けていただくパート、ブレイクアウトルームで議論するパートがありますが、適宜、ビデオON・ミュート解除をしていただくことになります。ビデオ・マイクのご用意をお願いします。

【諸注意】
・申込締切は2021年11月19日(金)23時59分となります。お申込いただいた方にPeatix経由で20日正午までにZoomのURLをお知らせします。
※開催当日13時までに案内が届いていない場合には、Peatix経由で主催者にお知らせください。
・Zoomの操作に関するお問合せには対応致しかねます。予めご了承ください。
・入室後の「録音」「録画」「スクリーンショット」についてはご遠慮ください。

※増進堂・受験研究社は2019年より、日本CLIL教育学会の賛助会員を務めております。
日本CLIL教育学会公式サイト:https://www.j-clil.com

2021.10.28

中学1年生とその保護者対象「中学 自由自在 英語」活用セミナー:「意味順」を使ってみよう!」を10月31日に開催

文法や英作文を難しいと思っていませんか?
京都大学・田地野先生考案「意味順」で英文をスッキリ理解・活用するオンライン入門講座です。

【参加者特典:オリジナルプリント付き】
■対象者:中学1年生とその保護者 ※小学6年生や中学2・3年生とその保護者の方も参加可能です。
■日時:2021年10月31日(日曜日)10:30〜11:30
■講師:株式会社 増進堂・受験研究社 編集部・英語課 永峰純
■会場:オンライン
■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。申込締め切りは10月29日23時59分
(1)Zoomミーティング(チャットにて質疑応答に参加できます)・・・定員80名
(2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員200名
詳細・お申込みはPeatixにて:https://20211031nagamine.peatix.com

PR_0930_main01.png

増進堂・受験研究社は、家庭学習の充実を目的に、ご家庭向けのオンラインセミナーを定期的に実施しております。

この度は、増進堂・受験研究社のスタッフによる英語の学習文法の入門セミナーを開催します。

ある報告によれば、英語が好きではない、と答えた中学生のうち、「文法が難しいから」と答えた子やいわゆる4技能のうち「書くのが難しい」と答えた割合が多いそうです。

確かに、英語を読む場合にはある程度は単語の意味から類推できますが、書くとなると難しいですよね。

どの単語を選べばいいのか、またどのようにその単語を配列すればいいのか。
「英文法はどうも形式的なルールばかり教えられて、よくわからない」という経験は割と多くの人が感じていることでしょう。

そこで、「意味順」を使って英文を見つめ直してみませんか?
スッキリと英文の配列が見えてくるようになりますよ。

本セミナーは、京都大学名誉教授・田地野彰先生が提唱されている学習文法「意味順」の入門講座です。
対象は中学1年生とその保護者の方です。
小学6年生や中学2・3年生およびその保護者の方でも構いません。

普段の英語の授業とは少しちがう観点から、英語を楽しく学べる方法を体験してみてください。

■対象者:中学1年生とその保護者 ※小学6年生や中学2・3年生とその保護者の方も参加可能です。
※その他、「意味順」での勉強法に興味がある方はどなたでも。
■日時:2021年10月31日(日曜日)10:30〜11:30  ※質問が多い場合「放課後タイム」あり(最大30分)
■講師:株式会社 増進堂・受験研究社 編集部・英語課 永峰純
■会場:オンライン ※ZoomミーティングかYouTubeLIVEでご参加ください。
■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。申込締め切りは10月29日23時59分
(1)Zoomミーティング(チャットにて質疑応答に参加できます)・・・定員80名
(2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員200名
■入室についての注意事項
・入室のURLは、お申込み者の皆様に前日10月30日18時頃を目処にPeatix経由でお知らせします。
・ZoomやYouTubeの操作などに関するお問合せには対応致しかねます。予めご了承ください。
・入室後の「録音」「録画」「スクリーンショット」についてはご遠慮ください。
■参加者特典
・お申込みいただいた皆様には、入室URLをお伝えの際に、永峰が本セミナーのために作成した『「意味順」練習プリント』をプレゼントします。セミナー当日に使いますので、できればプリントアウトしてお手元に用意をしておいてください。
・当日参加された皆様には、さらに復習用の『「意味順」練習プリント2』も用意しております。

【講師紹介】
PR_0930_01.png

永峰純(ながみねじゅん):香川県出身。増進堂・受験研究社編集部スタッフ
某国立大学にて言語学や海外文学を学ぶ傍らで、小学校でスクールサポーターとして活動。
様々な特性を抱えた子どもたちとの関わりの中で、教材が学びに与える影響の大きさを痛感し、卒業後に株式会社増進堂・受験研究社に入社。
これまでに文部科学省検定教科書の編集や参考書・問題集の制作に関わる。
また、AIを活用した英語のスピーキング教材やタブレット教材のコンテンツの設計などにも携わる。

保護者向け教育情報サイト「manavi」では、TOPICSにて多数のコラムを執筆している。
https://www.manavi.zoshindo.co.jp/category/topics/

2021.09.30

"高校入試対策" 2学期ここからの強い味方!<5科目 中学3年間>をまるごと復習できる3教材『5科の総まとめ』『5科の完全復習』『5科 一問一答』が新登場

各学年で習った重要事項を忘れない。「参考書」「問題集」「一問一答集」のラインナップ!

「国語・数学・英語・社会・理科」5科目の習熟度を再点検。入試に向けて苦手単元もしっかり対策
●5科の総まとめ ... 最重要事項をカラーの図解・表解でわかりやすくまとめた参考書
●5科の完全復習 ... 中学3年間の学習内容を15日間の短期間で復習できる問題集
●5科 一問一答 ... 入試・定期テストによく出る重要ポイントを一問一答で効率よく習得

増進堂・受験研究社は、中学3年間の主要5科目をまとめて学習できる①参考書『5科の総まとめ』(高校入試)/②問題集『5科の完全復習』(高校入試)/③一問一答集『5科 一問一答』(高校入試)の3点を、高校入試向けの総復習教材として2021年9月24日より発売いたします。また合わせて、『5科 一問一答』(中1/中2)の2点も発売いたします。

PR0909_main01.png

●『5科の総まとめ』(高校入試)
中学3年間で習う最重要事項を、カラーの図解・表解でわかりやすくまとめた参考書です。
高校入試の対策に、主要5科目を効率よくまとめて学習しなおしたい学習者へオススメです。

PR0909_01.png

重要事項を理解しやすい 見開き2ページの紙面構成
各項目の学習重要度を★の数で示し、入試によく出るポイントを「合格アドバイス」としてまとめています。
また、「コレ重要」で最重要ポイントを示し、「入試直前チェック」のミニテストで、入試によく出題される問題を効率よく確かめることができます。
(数学は各単元でよく見られる問題を例題とその解説でまとめています。)

消えるフィルターで何度もチェック
重要事項は赤刷りにしていますので、付属の「消えるフィルター」を活用して、知識が定着するまで繰り返しチェックできます。

------

●『5科の完全復習』(高校入試)
15日間の短期間で、5教科・中学3年間の学習内容を復習できる書き込み式の問題集です。
高校入試対策として、苦手単元のチェックを効率よく進められるようにしています。

PR0909_02a.png

各教科1日1単元ずつ 15日間で総仕上げ
中学3年間で学習した事がらの中から出題率の高い学習項目を選び、選りすぐりの入試問題で重点的に復習して実戦力を養います。各教科の第14日・第15日にある「高校入試 予想問題」で総仕上げを行い、実力を確かめることができます。
また、「傾向と対策」では、出題の傾向や入試までに身につけておきたい力、問題ごとの対応策などをまとめています。

詳しく親切な解答編
別冊の解答編は、解答のほかに詳しい「解説」「解き方のコツ」「弱点チェック」があり、おさえておきたい重要事項などを簡潔にまとめています。

------

●『5科 一問一答』(中1/中2/高校入試)
中学1年、2年で押さえておきたい内容や、高校入試によく出る問題が一問一答式でまとめられているので、5科の重要ポイントがすぐにチェックできます。

持ち運びに便利なコンパクトサイズ(B6判)ですので、どこでも気になったらサッと取り出し、いつでも5科のポイントをチェックできます。

PR0909_03.png

学習内容1項目・1単元を1ページに 実力アップにつながる工夫
オールカラーで、図や表・写真・イラストを使った問題も掲載しています。また、「得点アップ」には定期テストや入試によく出る重要なポイントをまとめていますので、理解を深めた分だけ実力アップが図れます。赤刷りの解答はフィルターを使えば文字が消えるので、何度でも繰り返して学習できます。

※紙⾯のイメージは、配⾊など実際の商品と異なる場合がございます。

------
■書籍概要
5科の総まとめ(高校入試)
判型:A5判 160ページ
発売予定日:2021年9月24日
定価:1,188円(税込)

5科の完全復習(高校入試)
判型:B5判 本文160ページ、解答72ページ
発売予定日:2021年9月24日
定価:1,298円(税込)

5科 一問一答(中1/中2/高校入試)
判型:B6判 160~192ページ
発売予定日:2021年9月24日
定価:中1 880円(税込)
   中2 880円(税込)
   高校入試 968円(税込)


■書籍情報の詳細はこちら
5科の総まとめ ※新商品の高校入試のほかに中1、中2の教材を発売しています。
高校入試:https://www.zoshindo.co.jp/junior/327/9784424636922.html
中1:https://www.zoshindo.co.jp/junior/327/9784424636908.html
中2:https://www.zoshindo.co.jp/junior/327/9784424636915.html

5科の完全復習 ※新商品の高校入試のほかに中1、中1・2の教材を発売しています。
高校入試:https://www.zoshindo.co.jp/junior/326/9784424636953.html
中1:https://www.zoshindo.co.jp/junior/326/9784424636939.html
中1・2:https://www.zoshindo.co.jp/junior/326/9784424636946.html

5科 一問一答
高校入試:https://www.zoshindo.co.jp/junior/369/9784424637035.html
中1:https://www.zoshindo.co.jp/junior/369/9784424637011.html
中2:https://www.zoshindo.co.jp/junior/369/9784424637028.html

2021.09.09

【学校・塾の教員対象】英語の民間検定試験は大学入試にどのように関わるべきなのか?上智大学・渡部良典教授と一緒に考えるオンラインセミナーを開催

文部科学省「大学入試のあり方に関する検討会議」の委員をされていた渡部良典・上智大学教授にご登壇いただきます。

オンラインセミナー:『"入試"の枠組みを超えた英語力養成を考える 〜大学入試検討委員会の報告〜』
■日時:2021年10月9日(土)15時〜16時30分
■会場:オンライン ※ZoomミーティングかYouTubeLIVEでご参加ください。
■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。申込締め切りは10月8日23時59分
 (1)Zoomミーティング(チャットにて質疑応答に参加できます)・・・定員80名
 (2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員200名

お申し込みはPeatixページにて承ります(http://20211009watanabe.peatix.com

増進堂・受験研究社は、教育現場での教材活用支援の一環として定期的に教員向けのセミナーやワークショップを行なっております。この度は、この数年、教育現場にも大きく影響を与えた英語民間検定試験の『大学入学共通テスト』への導入が先日正式に見送られたことを受けて、改めて「なぜその政策が見送られなければならなかったのか」という論点について整理し、大学入試のあり方を共に考えるオンラインセミナーを実施いたします。教育現場(特に高等学校や大学入試予備校・塾)の先生方とも意見交換をさせていただく機会としたいと思います。

PR_0826_main01.png

【本セミナーの開催主旨】
7月30日、萩生田文部科学大臣が正式に「英語民間試験を『共通テスト』に活用すること」を断念するとの発表がありました。その判断のもとになったのが有識者の方々の提言です。

文部科学省は令和元年12月に、有識者による「大学入試のあり方に関する検討会議」を発足しました。その会議は令和3年6月30日に終了し、その中で出てきた提言は7月8日に公開されました。(https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/toushin/mext_00862.html

本セミナーにご登壇いただく渡部良典先生(上智大学言語科学研究科教授)はその会議の委員として参加されておられました。

本セミナーでは、その会議の中で何が論点になっていて、どのような視点のもとどのような提言がされたのかというテーマから、改めて「入試ありき」ではない「求められる英語力の養成」を整理し直すことを目的とします。また、その機会を教育現場で日々指導にあたられている教員の皆様との意見交換を通じて進めていきたいと思います。

セミナー案内の下に、渡部先生よりメッセージをいただいております。ご一読いただき、是非、この機会に一緒に考えていただければと思います。

■対象者:学校・塾などで英語指導をなされている方であればどなたでも。
■日時:2021年10月9日(土)15時〜16時30分 
■会場:オンライン
■チケット:Peatixにて詳細をご確認の上、お申し込みください。(http://20211009watanabe.peatix.com

☆当日参加された方の中で、ご希望の方には、池田真 先生(上智大学文学部教授/日本CLIL教育学会副会長)の講演集『教育現場でのCLIL活用のポイント』をお送りします。(応募方法などの詳細は当日お知らせいたします。)

【講師紹介】渡部良典  上智大学言語科学研究科教授/ELPAアドバイザー
PR_0826_02.jpg


ーーーーーー(渡部良典先生よりメッセージ)ーーーーーー
大学入試に関する検討会議が本年6月30日に終了しました。28回にわたる委員会の中で各委員に与えられた時間は限られていましたが、次の3点は是非多くの方に伝えたいという思いをもって発言をしてきました。

(1)4技能は便宜的な分け方に過ぎず、英語運用能力を高めるためには技能の統合が必須であること
(2)入試改革の効果は限定的であり、入試の改善は拙速を戒め、受験者や教員の心理とそれを取り巻く社会的な条件を考慮しながらく暫時進めてゆくべきこと
(3)民間試験は共通テストの代わりにはなりえず、民間試験と共通試験は棲み分けをすべきこと

これらを自分の意見としてではなく、できる限り言語テストの理論と実践研究の成果を紹介しながら述べました。
委員会でとりまとめた提言は膨大なものですし、マスコミの報道はもとより要点に限られています。今回は、私が委員会で提出した資料をもとにして、委員としてではなく一人の教員としてまた研究者としてお話をし、参加者の方々のご意見を伺いたいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021.08.26

Copyright © ZOSHINDO-JUKENKENKYUSHA PUBLISHING Co., Ltd. All Rights Reserved.